むらせ内科

むらせ内科

むらせ内科は「街のかかりつけ医」として、あなた自身やご家族に対し、親身になって診療することを心がけています。
いざという時には、かかりつけ医として適切な診断と判断をおこない、最適な処置を施します。また、病気にかかった時だけでなく、予防にも力を入れいます。それぞれの患者さまに合ったアドバイスをし、生活習慣を見直すことで、病気にならないための身体を手に入れる…これこそ「かかりつ医」としての使命だと考えています。
皆さまのかかりつけ医として、安心して日々の生活が暮らせるようフォローさせていただきます。

診療科目

内科/胃腸科/外科/肛門科

診療内容

内科

一般健診/高血圧・糖尿病・高脂血症・感冒・貧血などの診断・治療・食事指導等/各種予防接種

胃腸科

食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管の検査・診断・治療

外科

切り傷・打撲・陥入爪(巻き爪)・粉瘤・脂肪腫などの処置および小手術

肛門科

肛門疾患の診断・治療

症状別 – Q&A

むらせ内科の設備

心電図

心臓の電気的な活動の様子をグラフの形に記録することで、心疾患の診断と治療に役立てるものです。

超音波診断装置

超音波検査は、音の性質(透過と反射)を利用して人体内部の断層像を描くことができます。臓器の動き、形状そして機能から診断できます。ゲル(ゼリー)を塗って探触子をあてるだけで肝臓、胆のう、すい臓、脾臓、腎臓など痛みなく診断できます。

デジタルレントゲン撮影機

従来のフィルム型より被爆量を減少し、画像データもすぐにコンピューターで確認できます。より時間の短縮と鮮明な画像で診断できます。

内視鏡(経鼻)

内視鏡検査は食道、胃、十二指腸を観察し、がん、ポリープ、潰瘍、胃炎、ピロリ菌の有無などを診断します。当クリニックは経鼻内視鏡を用いております。従来の内視鏡より細く、先端部分の面積が4分の1の広さのカメラを鼻から通します。鼻から通すので検査しながら会話もでき、嗚咽もないので患者様の負担が軽減され楽に検査できます。

大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)

胃カメラと同様に屈曲自在なファイバースコープを肛門より挿入し、直腸から盲腸まで全大腸をみる精密検査です。ポリープに代表される隆起性病変や腫瘍がないかどうか、または、下痢や血便といった症状の原因となるような病変がないかを検査します。

胃透視

胃透視とは、X線を使い、造影剤(バリウム)を飲んでいただき、食道・胃・十指腸の病気を調べる検査です。特に、胃全体の形や大きさ・粘膜の状態(ポリープ・潰瘍・ガン)などの位置関係や病巣の深さ(進達度)などがわかります。

大腸透視

大腸透視検査とは大腸にバリウムと空気を注入し適度に膨らませて腸全体の形や粘膜の状態をX線フィルムに撮影する検査です。ポリープ・炎症・腫瘍の有無や大腸が正常な動きをしているかなどがわかります。

診療時間
9:00〜12:00
16:00〜19:00

休診日:水曜・土曜午後、日曜、祝日

岐阜県多治見市三笠町1-10(地図

診療科目
対応可能な診療
医療連携

ページ
トップへ